ペーパードライバーが注意すべきポイント

ペーパードライバー

久々の運転

ペーパードライバーが久々に運転する場合に、注意するところはたくさんあります。
まず車の操作の感覚を忘れてしまっているので、ゆっくり慣らさなければなりません。
間違っても急に発進しないようにしましょう。
免許を取得するときに自動車教習所で運転技術を学びますが、ペーパードライバーはブランクがあり運転の仕方を忘れている上に一般道路での視野の感覚もわからなくなっています。

運転する前に必ず車から見て死角になる部分を確認しましょう。
車線変更時に死角に気付かずにぶつかるケースは初心者などに多いです。
慣れても良くはないのですが、急いで無理な運転は避けましょう。
確実な運転を心がけて、事故のないように気をつけましょう。

運転をする前に確認しましょう

久々に運転する前に交通ルールを復習しておきましょう。
運転をする人は必ず交通ルールを守らなければなりません。
ルール違反で警察に捕まってしまっても、久々に運転したので忘れてたという言い訳は通用しませんし、事故につながり大変危険ですので必ず標識や指示器などの復習をしてください。
たまに標識が見え辛かったり確認ミスで一方通行を逆走する方を見ますので、思い込みでの運転は危険です。

殆どの方は久々の運転は不安になるのですが、確認をしたのであればあまり躊躇しないで運転した方が良いです。
中途半端な運転は他のドライバーに何がしたいのか解かってもらえず、自分の行動で他のドライバーが事故になることもありますので気をつけましょう。